第3回定例道議会開会日宣伝

日本共産党道議団は2017年9月12日、第3回定例道議会開会日に道庁前で街頭宣伝を行いました。真下紀子、菊地葉子、宮川潤、佐野弘美の各議員が、道行く市民・道庁職員へ道政報告を行い、議会論戦に向けた決意を語りました。

雨の中で訴える共産党道議団

 

子ども医療費無償化を!お母さんたちからの願い

新日本婦人の会北海道本部のみなさんが日本共産党道議団に対して、子ども医療費の無償化を求める陳情に見えられました。

菊地葉子、佐野弘美両道議が応対。子育て中のお母さんたちから切実な実態が出され、両道議は「皆さんの運動と力を合わせて、実現に向けて取り組みたい」と決意を語りました。

当面する道政執行等への要望 ― 道議団・日本共産党北海道委員会

道議団と日本共産党北海道委員会(青山慶二委員長)は2017年5月29日、当面する道政執行と2018年度北海道予算等に関する要望を高橋はるみ知事へ行い、辻泰弘副知事に要望書を手交しました。要望には真下紀子・菊地葉子・宮川潤・佐野弘美各道議、青山委員長が参加しました。

クリックでPDFが開きます

総務委員会における委員発言概要 -菊地葉子 議員 2017年5月16日

ただいま報告いただきました事案につきまして、マスコミ等の報道も見ているのですけれども、自衛隊の方々の一刻も早い救出を心から願うところです。
今回の事案ですね、道からの緊急搬送の際の事案だっていうふうに、なので、また重大だ っていうふうに受け止めているのですけれども、安全な緊急搬送っていう観点からですね、緊急性、あるいは距離とか天候といった条件などの判断について、この度は、道は、天候を考慮してヘリコプターを飛ばすのを止めたということで、自衛隊の判断になるという事案のことではありますけれども、自衛隊のことと捕らえずですね、道としても、安全な緊急搬送という点での検証も必要ではないか、それが大事ではないかということを思いますので、ぜひその点で、今、関係機関と連携して情報収集にあたっているということですが、いろいろ明らかになった時点でも、こういった検証をしっかり行っていただきたいということを一言申し上げておきたいと思います。

過重な教職員の働き方改革をー菊地葉子議員

菊地葉子議員は3月17日、予算特別委員会第二分科会(教育庁所管質疑)で、教職員の勤務実態等について質問しました。菊地議員は質問の中で、教員の精神疾患と休職、高校寄宿舎の宿直業務、特別支援教育支援員の増員等について取り上げました。

犬猫の殺処分ゼロの北海道をー菊地葉子議員

菊地葉子議員は3月16日、予算特別委員会第二分科会(環境生活部所管質疑)で、北海道動物愛護権利推進計画について質問しました。計画では、飼い主からの犬・猫の引き取り数や譲渡数などを目標として具体的な数値目標を定めていますが、実際には進んでいるものと進んでいないものとがあります。菊地議員は、旭川市の動物愛護センターの取り組みで猫の殺処分が行われていない事例を取り上げ、さらなる対策を求めました。

 

 

道営住宅などに道産木材をもっと使おうー菊地葉子議員

菊地葉子議員は3月15日、予算特別委員会第二分科会(建設部所管質疑)で、公共建築物の整備における地域材の利用促進等について質問しました。菊地議員は、林業の再生は北海道経済にとっても経済波及効果、温室効果ガスの削減など環境問題の面から大きな効果があると指摘。道産木材の利活用をさらに進めていくことを強く求めました。


道民の懐を直接温める経済対策を=菊地葉子議員が質問

10月7日、第3回定例道議会最終日に議案36号・一般会計補正予算が提案され、日本共産党道議団を代表して菊地葉子議員が質疑を行いました。
 菊地議員は、アベノミクスにより道内経済は好循環どころか一向に改善していない現状を指摘。消費税増税により道内経済の6割を占める個人消費は低迷し続けており、道民の暮らしを直接応援することにこそ力を注ぐべきだと指摘しました。
 日本共産党道議団は、補正予算自体には不十分さは残るものの、一定の効果ある対策となると考え、賛成しました。

2016-10-07-kikuchi-dsc_0032

2016-10-07-kikuchi-%e8%8f%8a%e5%9c%b0%e8%91%89%e5%ad%90%e8%ad%b0%e5%93%a1%ef%bc%8810%e6%9c%88%ef%bc%97%e6%97%a5%ef%bc%8d%e7%ac%ac%ef%bc%98%e5%8f%b7%e3%80%80%e5%b9%b3%e6%88%9028%e5%b9%b4%e7%ac%ac
クリックでPDFが開きます

 

第三回定例道議会代表質問(菊地葉子議員)

第三回定例道議会代表質問に、日本共産党道義団を代表して菊地葉子議員が質問しました。

1.知事の政治姿勢について
(1)台風・大雨による被害対策について
(2)原発・エネルギー政策について
(3)安全保障法制の北海道への影響について
(4)TPP批准反対について
(5)道の短期貸付金に係る不適切な取り扱い等について
(6)労働委員の選任について

2.道民生活について
(1)地域医療構想について
(2)がん対策等について
(3)地方交通等について

dsc_0023

↓PDF

mashita_7

 

台風被害の早急な実態把握と被害対策に関する緊急申し入れ 2016-9-6

日本共産党北海道委員会と北海道議会議員団は、台風被害の早急な実態把握と被害対策に関する緊急申し入れを行い、辻副知事が応対しました。
申し入れでは、行方不明者の捜索に引き続き全力をあげることはもとより、激甚災害への指定を急ぐように国に申し入れること、ライフラインの早期復旧に向けて思い切った支援を強めること、農林水産被害の把握と支援を強めること、災害対策・避難対応についての検証を求めました。
この後、北海道庁地下の災害対策本部を訪れ、職員を激励。現状の説明を受けました。

unnamed

16-09-06-%e7%b7%8a%e6%80%a5%e7%94%b3%e3%81%97%e5%85%a5%e3%82%8c-2_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1

2016-08-22%e7%81%bd%e5%ae%b3%e7%94%b3%e3%81%97%e5%85%a5%e3%82%8c

菊地よう子 – 平成28年第1回定例会 3月18日 予算特別委員会(総合政策部)

 

菊地 葉子委員(日本共産党)
1.JR北海道と地方交通について
1.奨学金制度について
1.夕張再生について
1.東日本大震災の避難者支援について

 

3.18菊地議員予算特別委員会議事録(総合政策部) PDF

318菊地議員予算特別委員会(総合政策部)

菊地よう子 – 平成28年第1回定例会 本会議 3月14日 補正予算反対討論

菊地葉子君(登壇・拍手)

私は、日本共産党道議会議員団を代表して、議案第103号及び第108号に対する反対討論を行います。

314菊地議員補正予算先議質問
議案第103号は、知事及び特別職の期末手当について、昨年の6月にさかのぼって、0.05カ月分を引き上げるというものです。
人事委員会の勧告に従って、一般職の手当を引き上げることは当然であり、賛成ですが、これまで、長期間にわたって給与削減を実施してきた道の財政運営の責任の重さに鑑み、特別職である知事や副知事らの期末手当を遡及して引き上げることには賛成できません。
一方で、今定例会には、道立看護学院や農業大学校、高等技術専門学院の授業料等の引き上げなど、負担増が提案されています。
知事などの手当の引き上げよりも、こうした人材育成にかかわる道民負担を抑制、低減することこそ、優先すべきです。

次に、議案第108号平成27年度北海道一般会計補正予算についてです
 反対理由の第1は、国の交付金に基づく雇用創出事業における、道及び市町村の委託事業で不適切な事務処理が発生したため、緊急雇用交付金事業に返納が生じたことです。
返納額は、ふるさと雇用再生特別対策推進事業と緊急雇用創出事業の、合わせて17事業、1794万円に上り、そのうち、8事業、534万円が道の委託事業によるものです。
雇用拡大が期待される事業において、道によるチェックが機能しなかったことは重大だと指摘せざるを得ません。
今後は、こうしたことを繰り返すことなく、国民の税金による交付金事業が適正に執行されるよう求めておきます。
反対理由の第2は、特別養護老人ホームの入所待機者の解消に道が極めて消極的なことです。
2013年度で、特別養護老人ホームの入所待機者は2万6731人で、それに対して、2013年度から2015年度までに、特別養護老人ホームのベッド数の増加は2171床で、入所希望者の8%にとどまります。
国は、給付費の抑制のために、サービスつき高齢者住宅などの整備に重点を移してきましたが、利用料は、1カ月で10万円から15万円かかります。
国に対して、国庫負担の抜本増額を要望するとともに、低所得、低年金の高齢者も利用できる特別養護老人ホームの整備を進めるよう求めるものです。
以上をもって反対討論とします。(拍手)