戦争法廃止「国民連合政府」実現ともに 提案を検討します – 民主と結志会

日本共産党道議団の真下紀子団長、菊地葉子幹事長は1日、道議会の民主党・道民連合と北海道結志会に「戦争法廃止の国民連合政府」実現へ向けた共同を申し入れました。

真下団長は「政治的立場の違いはあっても、憲法違反の法律を一刻も早く廃止するために、一点での協力を」と呼びかけました。

民主党・道民連合の勝部賢志会長は、各地の反対運動に触れながら「役員会で検討します」と述べ、結志会の金岩武吉会長は「議員の立場はそれぞれなので、会派で持ち帰り、勉強させていただきます」と応じました。

(15年10月03日付「しんぶん赤旗」北海道・東北のページより)